2015年10月9日金曜日

胡桃

パソコンを整理していたら昔の日記が出てきた
と言う事で
記録に止めよう



2匹目の猫が来た日 
僕は終電で帰宅した 

夏休みまでに仕事を終えないと 
休みが取れないのだ・・・ 

忙しいのはいい事だ 
仕事があるのはありがたい 

でも 

なぜだろう? 

忙しいのに 
全然儲からない・・・ 


おかしいな 
何が間違ってるんだろう? 

それとも 
何も間違った事をしていないから儲からないのかな・・ 


まぁどうでもいいや 
猫が可愛いから 


命名 
『クルミ』 

前回のさくら同様保護されたのを引き取った 


そう言えばお気に入りのブロガー(13才)がこんな事を書いていた 
脱帽だ 






ブラッドハーレーの馬車 

各自治体にもよるけれど 
だいたいの「動物愛護センター」では、 
ほとんどのねこが処分されます。 
いぬと違って、センターにきてから殺されるまでの時間も、すごく短いので 
ねこを持ち込むことは、即日、殺すことと同じです。 
☆ 
もちろん職員さんも好きでそんな事をしている訳がなく 
貰い手を探す活動を熱心にしたり 
動物を持ち込む人を、懸命に説得したりもしているのですが 
数にも限りがあるので、ぜんぶの命を救う事は出来ません。 
☆ 
そしてついに、ねこをどうしても殺せずに捨てた職員さんが 
書類送検された というニュースが飛び込んで来ました。 
「殺処分かわいそう…猫逃がした町職員を書類送検」 

そうだよね。職員さんだって、こんなことしたくないよね・・・。 
持ち込んだ人たちが 何の罪の意識も感じずにいる裏で 
その人たちに押し付けられたねこを殺せなくて、処分されてしまう職員さんもいる 
逃がされたねこたちも、また、捕まえられて連れ戻されてしまったのだろう 
この世に救いはないのだろうか。 
☆ 
「ブラッドハーレーの馬車」 

ブラッドハーレーの馬車にのせられたむすめと 
センターに持ち込まれるねこたちの運命はおなじもの。 
歌劇団という名前に憧れ、ブラッドハーレーの馬車に乗った娘はもう帰ってこない。 
動物愛護という優しい文字をみて、ひきわたされたねこはもう帰ってこない。 
「どうしても殺せない」と、逃がした看守は拷問されて殺され 
「どうしても殺せない」と逃がした職員も処分され 
かれらを救うものはもう、どこにもいない。 
☆ 
どうか里親さんをさがしてあげてください、どうしてもむりならどこか見つからない場所へ。 
センターにもちこむことだけはやめて下さい。 
☆ 
ああ 
せめて「引き取り」じゃなく 
「育てられないので殺して下さい」と、言わせて欲しい。 
少しでも、じぶんが何をしたのかを、みつめてほしい 
ほかの誰でもないじぶん自身が 
意思を持って、殺すことを選択したのだから。 



もう一度言うが 
これは13才の少女の言葉だ 


僕達はちゃんと大人になれているだろうか? 



2015年9月17日木曜日

切欠

新しい恋を始める為には 
古い恋を終う必要がある 

もしくは 
後悔しない覚悟が必要だ 

二人 
三人 
四人 
・・ 
沢山の人を同時に愛することも 
もしかしたら可能なのかも知れない 

それでもやはり 
瞬間瞬間は 
目の前にいるのは一人で 
他の恋は棚にしまうのだと思う 
よくは分からないが・・ 



古いものを捨てるのは 
とても難しいことを 
僕は知っている 

未練とかそうゆうものではなく 
共に過ごした日々の 
その歴史そのものを 
忘れてしまう様な 
そんな罪悪感 
あるいは 
自分勝手な欲望にも似た 
嫌悪感 



嫉妬や妬み 
その他の劣等感 
そんな 
ネガティブな感情が無いと言ったら嘘になる 

それでも 

それでも僕は思うのだ 

今までの全てが 
今の自分を作り 

過ごしてきた時 
抱えていた想い 
触れ合った人々 
その全てが 
今の君を作ってる 


だから本当は 
忘れることも 
終う必要も無いのだと 

ただ目の前にあるものを 
あるがままに愛すればいいのだと 

そんな簡単なことに 
最近やっと気付いた 







何か「新しいこと」を始める原因や糸口を「きっかけ」といい 
大抵はひらがなで表記するのだが、漢字で書けば「切っ掛け」となる 
ところが、この「きっかけ」を「切欠」と表記している場合が非常に多い 

「切欠」(きっかけ、きりかき、きりけつ)とは、日本の「姓」、「地名」である 
また「物の一部が切り取られ、欠けている様子」を意味する言葉としても使われる 
「切っ掛け」の誤用の場合もある 


今回のタイトルは 
そのままの意味の 
欠けている様子で 





2015年8月20日木曜日

夜曲

僕たちは 
思い描いた未来に向かって 
常に道を選んでいる 
慎重に素早く 
周りの状況を判断しながら 

それは 
電車の乗り換えに似ている 

乗り間違えたら 
絶対に 
目的地には辿り着けない 

だけど 
想い描いていた目的地だけが 
たった一つの幸せだとは思わない 

電車に乗り間違えて 
偶然辿り着いた駅が 
素晴らしく美しい景色だったり 

何気なく乗った電車の終着駅に 
これ以上無い美味しさのレストランがあったり 

あわてて飛び乗った電車の向かう先に 
運命の人がいたり 


思うのだ 
幸せとは 
電車を乗り間違えない事では無く 
人生を 
ありのままに受け入れる覚悟 

幸せとは 
求めて彷徨うのでは無く 
自分の中に感じること 

幸せとは 
探して辿り着くものでは無く 
最初からそこにあるもの 

幸せとは 
誰かの手から奪い取るものでは無く 
繋いだ手から自然と溢れ出るもの 



幸せとは 
目的地にたどり着かなくてもいいと 
そう思える心 





2015年8月17日月曜日

星空

動けなくなる・・ 
何度抱きしめ合っても 
胸が”ギュン”ってなるよ 

恋してるとか好きとか 
そんな気持ちじゃ 
済まされないんだ 

胸の奥でささやく声に 
はげまされてここまで来たよ 

星の数ほど訪れる巡り逢いの中で 
あなたが私をたったひとり愛してくれたから 

もう迷わない
くやしくて涙こらえる夜も
微笑む朝にも
やわらかいあなたの
声に抱かれてる 


そう この匂い・・耳の後ろの匂い 
昔から知ってる 

シーツの中で 
会えない日の分まで 
肌を重ねて 

私の瞳に眠る光を 
あなたが引き出してくれたよ 

何があっても この腕がちぎれそうになっても 
離さない 守るわ ずっとふたりで生きていこうね 

たとえあなたが女に生まれていたとしても 
私の心は 必ずこの場所 
辿り着いてるわ 

響いてる・・ 
遠くても 
あなたの声が 

この東京で 交差点や駅のホームとか 
あなたと私はきっとすれ違ったりしていた 

離れた空の下で 同じ時間 同じ星を 
見上げて 溜め息もらしてたかもね 
もう離さないで 

星の数ほど訪れる巡り逢いの中で 
気付けばこんなにいつも近くにあなたがいたよ 

やっぱりそうね くやしくて涙こらえた夜も 
微笑む朝にも やわらかいあなたの 
声に抱かれてた 




女性は 
こんな風に思うのかな? 

だとしたら 

なんだ 
男と一緒だ(笑) 

みんな幸せになろう! 




2015年3月11日水曜日

時間

空気が重いのは 
忘れ去られ 
置き去りにされた時間が 
積み重なっていくから 

いくら前へ進もうと 
足掻き 
もがき 
苦しんだところで 
どうにもならないほど 
密度の濃い時間が 
放置され続けている 

気分が重いのは 
その事に対して 
自分が何も出来ないからだ 
己の小ささを 
改めて見せ付けられるからだ 


僕は人を信じたいと思っている 
思ってはいる 


三月十一日 
ご冥福を祈ります 



全ての人類に幸あれ 
全ての世界に恵あれ 
全ての時間に救あれ 



君に愛あれ 




2015年3月8日日曜日

すごい嬉しい事があったり 
すごい悲しい事があったり 

夜が寂しくて眠れなかったり 
好きな人に逢えて幸せだったり 
幸せすぎてやっぱり眠れなかったり 

現実感がなくて不安だったり 
そんな時にメールが来てにやけてみたり 

お気に入りのテレビを見逃して落ち込んだり 
同じ番組を好きな人も見てると知ってテンション上がったり 

美味しいものを食べてハッピーで 
風邪をひいてアンハッピーで 

告白して振られて 
告白されて振って 

好きな人にはもう恋人がいて 
でも自分も結婚してたり 

想いが通じて幸せすぎて 
それでも泣きたい夜もあって 

そんなささやかな幸せを辿る人生の中で 
ふと見上げた空に 
雲の隙間から綺麗な月が微笑んでいる 

あの人もこの月を見ているのかな? 

そう思った瞬間 
あぁ、これが幸せなんだ 
って気付いた 

みんな同じ夜を生きている 
そして 
同じ朝をむかえる 

一人の朝も 
二人の朝も 

太陽は平等に照らしてくれる 

涙の夜も 
届いた夜も 

月は平等に微笑んでくれる 

想いに関係無く 
星は廻る 

なら 
ちょっとだけ 
もうちょっとだけ 
手を伸ばして 
幸せを掴んでみよう 





2015年2月8日日曜日

夜想

どこかの誰かの研究によると 
ほとんどの人は 
毎日何かしらの出逢いがあるそうだ 
それは運命の相手かもしれないし 
前世の恋人かもしれない 
ただ 
僕たちには知らされていない 
それがチャンスだと 

結局目の前の見えない壁を 
乗り越えたものだけが 
そのチャンスをモノに出来るのだ 

現実世界だとか 
バーチャル世界だとか 
分けて考えているうちは 
まだまだ壁は乗り越えられそうにない 



あの日の満月を 

独りで見た夜桜を 

学校の帰り道に寄った川の流れを 

卒業式に呑み込んだ好きの文字を 

もう一度思い出してみよう 

自分がいったい何を探しに旅に出たのかを 

その道が間違っていなければ 
その想いが本物ならば 
出逢えるかもしれないし 

運が良ければ 
夢も叶うかも知れない 

もう何も無いと思っていた鞄の中から 
希望が出て来るかも知れない 
諦めさえしなければ 






そんな都合のいい思いに 
身を委ねる夜があってもいい 

笑われながらも 
夢を見続ける人生があってもいい 



僕は我が侭で 
諦めの悪い人が好きだ 



そして泣きながらも 
前を見ようとする人が好きだ